ページ内移動用のリンクです

プレスリリース


「住宅用火災警報器」の自主回収・交換について

 マックス株式会社では、当社が販売した電池式「住宅用火災警報器」4機種の一部製品において、稀ではありますが「製品仕様に定めた電池の寿命を満たさず、短い期間で電池切れの症状を起こし、電池切れをお知らせする警報音を発する」不具合を生じることが判明しました。
 当社では既に当該機種の販売を中止していますが、当該機種を自主回収し、無償で代替品と交換いたします。
 お客様をはじめ関係各位には、ご迷惑をお掛けすることを心よりお詫び申し上げます。
 今後は、品質管理に一層の徹底を図り、再発防止に取組んでまいります。

1.対象製品
(1)製品名  住宅用火災警報器「火無安全」(かないあんぜん)
(2)品 番 KK−DS40−10 (煙感知電池式 10年寿命)         
KK−DS40−2 (煙感知電池式  2年寿命)
KK−DH40−10 (熱感知電池式 10年寿命)
KK−DH40−2 (熱感知電池式  2年寿命)
(3)販売期間  2006年6月から2007年9月
(4)対象数 合計 173,918台
[内訳] KK−DS40−10 164,706台
KK−DS40−2 1,865台
KK−DH40−10 7,204台
KK−DH40−2 143台
 なお、対象製品のうち、約165,000台については、住宅メーカー、住宅管理会社などへの販売であり、取引先を通じて最終的な購入者の特定を進め、回収・交換を行ってまいります。
(※配布資料に、下記事項を追加しております。)
以下の機種については、不具合は発生しておりません。 
品 番 KK−DS20−10 (煙感知電池式 10年寿命) 
KK−DH20−10 (熱感知電池式 10年寿命)
(5)販売地域 日本国内

2.不具合の内容
(1)発生事象
当該機種の一部製品において、稀ではありますが「製品仕様に定めた電池の寿命を満たさず、短期間で電池切れの症状を起こし」、電池切れをお知らせする「約10秒に1回『ピ』という警報音と、光の点滅を72時間以上繰返す」不具合が発見されました。
現時点で発見された不具合製品は、270台です。
(2)お客様で想定されるリスク
1. 電池切れが著しく早いことから、電池切れの警報音・光の点滅を、「火災の発生と誤認してしまう」可能性があります。
電池切れの時は、消防法令の定めに基づき、「約10秒に1回『ピ』という警報音と、光の点滅を72時間以上繰返し」、電池が切れることをお知らせします。
お客様には取扱説明書で、取付け後、定期的(1ヶ月に1回)にテストボタンを押して、警報器が正常に作動していることを確認していただく、「自己診断テスト」をお願いしています。
2. 不具合のある製品では、電池を新品に交換しても「製品仕様に定めた電池の寿命を満たさず、短い期間で電池切れを起こす」可能性があります。
3. なお、当該機種において、機器本体からの発火・火災などの不具合はありません。
(3)不具合発生の原因
不具合発生の原因の詳細は現在調査中ですが、現在判明している段階では、外部委託先製造会社にて調達した半導体の部品不良、および製造工程における不良によるものと考えております。

3.対応内容
(1) 告知方法は、当社ホームページおよび販売店店頭でお知らせします。
(2) 商品回収は、当社および当該機種を販売していただいた販売店、住宅メーカー、住宅管理会社などを通じて行います。
(3) 専用のフリーダイヤルを設置し、お客様からのご連絡やお問い合わせに対応します。
(4) 当該機種は、不具合の有無に関係なく、無償で回収・交換します。
(5) 当該製品は、当社がこれまで販売してきた別機種を代替品として交換します。

4.お客様からの問い合わせ先
・受付窓口  …「火災警報器お客様相談ダイヤル」
・電話番号  …0120−301−359(フリーダイヤル)
・受付開始  …2007年11月8日(木)
・受付時間  …9:00〜17:30(月〜金。祝日を除く)

5.再発防止策
当該機種は、既に販売を中止しています。
今後は、品質管理に一層の徹底を図り、再発防止に取組んでまいります。

6.業績に与える影響
本製品の回収・交換に要する費用については、外部委託先製造会社との調整を含めて、現在算定中です。
今後、業績予想の修正が必要になった場合は、速やかにお知らせします。

KK-DS40-10(煙感知電池式 10年寿命)写真
KK−DS40−10(煙感知電池式 10年寿命)

お詫びと自主回収・交換のお知らせ「住宅用火災警報器」をご使用のお客様へ

この件に関するお問い合わせはこちら

グループ企業

  • 株式会社カワムラサイクル

ページ上部へ