ページ内移動用のリンクです

ホッチキス物語

ホッチキスができるまで

ホッチキス本体ができるまで

ここでは、代表的なHD-10Dを例にとってご説明しましょう。
ホッチキス本体は、ハンドル、針を入れるマガジン、針を曲げるクリンチャアームなどの部品から構成されています。

まずプレス機械で材料の鉄板を、ホッチキスの形に打ち抜き、曲げ、しぼり、刻印などの加工を行います。その後クリンチャアームは、焼き入れの熱処理をし、メッキで表面加工をします。ハンドルカバーは、プラスチック(ABS樹脂)を成形してつくります。全部で13の部品が揃い、自動組立機に部品が供給されると無人で組み立てられます。最後に一台ずつ品質検査の工程を経て、自動包装されて出来上りとなります。こうして皆様のもとに届けられます。

ホッチキス針ができるまで

ここではNo.10の針を例にとってご説明します。
ホッチキスの針は、まず材料のワイヤーにメッキをすることから始まります。
次に、メッキしたワイヤーを引き伸ばし、数百本に束ね、ベルト状に接着します。
最後に専用の製針機を通り、1,000本づつ緑の小箱に詰めて、出来上がりとなります。

ホッチキスとは
  • 名前の由来
  • 発明者は誰?
  • ホッチキスの仕組み
  • フラットクリンチとは
  • ホッチキスができるまで
  • いろいろな場所で活躍するホッチキス
  • 世界のホッチキス
  • ホッチキスの針ってそのままで大丈夫?
ホッチキスの歴史
  • 日本とホッチキス
  • ホッチキスの変遷
  • 進化を続けるホッチキス
    • サクリシリーズ編
    • Vaimoシリーズ編
  • こんなに便利!マックスのホッチキス
  • 昔流行ったおもしろホッチキス
  • 里帰りしたホッチキス

ページ上部へ