ページ内移動用のリンクです

ホッチキス物語

世界のホッチキス

ホッチキスにもお国柄がある?

ホッチキスは、国によって使われているタイプが違うことをご存知でしょうか?
ここではマックスが販売しているホッチキスを例にご紹介します。

アジア
日本で最も多く使われているのは、HD-10に代表されるハンディタイプです。
このタイプは東南アジアでも主流で、マックスのHD-10のデザインは、品質を保証するシンボルとして、広く普及しています。

アメリカ
アメリカではハンドルを叩いて使う卓上型(マックスではHD-35)が多く使われています。日本のものよりも、大きくてやや頑丈なのが特徴です。

ヨーロッパ
イタリアを中心とするヨーロッパでは、ペンチのように握るプライヤータイプのホッチキスが使われています。このタイプのホッチキスは、日本ではクリーニング屋さんで、洗濯物のタグ留めに使われています。

日本ではホッチキス。英語圏ではステープラー。ちなみにイタリアではクチトリッチと言います。
ホッチキスは国によってタイプも呼び名も違うのですね。

ホッチキスとは
  • 名前の由来
  • 発明者は誰?
  • ホッチキスの仕組み
  • フラットクリンチとは
  • ホッチキスができるまで
  • いろいろな場所で活躍するホッチキス
  • 世界のホッチキス
  • ホッチキスの針ってそのままで大丈夫?
ホッチキスの歴史
  • 日本とホッチキス
  • ホッチキスの変遷
  • 進化を続けるホッチキス
    • サクリシリーズ編
    • Vaimoシリーズ編
  • こんなに便利!マックスのホッチキス
  • 昔流行ったおもしろホッチキス
  • 里帰りしたホッチキス

ページ上部へ