マックス株式会社

新発想クリップ「コニクリップ」

野菜包装のいろいろ

包装イラスト

 スーパーマーケット・生協・八百屋さんなどで、よく見かける青果物の包装は、何種類ほどあるかご存知ですか。正確には掴めませんが、15種類以上はあるようです。
 衛生面、傷み防止、鮮度の保持、購買・販売のしやすさ等の理由で、現在は買う側も売る側も、包装は不可欠と考えています。
 マックスでは、'98年8月に全国の主婦(567名)のご協力を得て、いつも買うお店で38種類の野菜・果物の包装について調べました。
 結果は「どこでも同じ包装なんだぁ」という印象でした。さっそく青果物包装のベスト5を紹介しましょう。
  1位[袋の粘着テープどめ]25%
  2位[バラ(無包装) ]22%
  3位[結束テープ]14%
  4位[トレーとラップ]9%
  5位[ネットの金具どめ]6%

となりました。特に1位の[袋の粘着テープどめ]は、調査対象の青果物、約2万点(38種×567名)の1/4と、日本中で普及していることが分かります。

包装イラスト

 次にこれらの包装が、どのような青果物に使われているのか見てみましょう。
[袋の粘着テープどめ]では、1.にんじん92% 2.じゃがいも83% 3.なす73% 4.さといも70% 5.いんげん65%で、以下きゅうり・きぬさや・たまねぎ・さつまいも・ごぼう・オレンジ・みかん・ピーマンと続きます。92%のにんじんは、全国どこでも[袋の粘着テープどめ]と言っても過言ではありません。
[バラ(無包装) ]では、1.大根 2.グレープフルーツ 3.キャベツ 4.りんご 5.レタスです。無包装がうなずける青果物ですね。
[結束テープ]では、1.アスパラガス 2.ねぎ 3.かぶ 4.にら 5.ちんげん菜などに使用されています。
[トレーとラップ]は、しょうが・トマト・しいたけが主流です。
[ネットの金具どめ]は、にんにく・たまねぎ・夏みかんなどでした。それぞれの包装は野菜や果物の性質、形状や重さに 合せ、いろいろ工夫されているのが分かります。

・・・・・・・・・・トピックス・・・・・・・・・・
なんと!開封しづらいNo.1は?(日本生協連調べ)

 マックスでは、これまで食品包装の省力化をテーマに商品開発を行ってまいりましが、新たに消費者にとって「不便な包装」があることに気づき、その対応の研究も始めていました。
 同じ頃、日本生協連(日本生活協同組合連合会)の[くらしと商品研究所]では、くらしの中の不便探しというテーマで『台所関連の容器・包装の使いやすさについての調査』('96年8月)を行い、'97年4月に報告書として発行されました。
 この調査から各種の包装・容器について、開封・再封・廃棄面で、様々の不便が明らかになりました。特に、包装・容器25分類の中で、“生鮮食品の袋”(袋口の粘着テープどめ)が、「いつも開けにくい」の回答が47.3%で第1位となりました。さらに「開けにくいことが時々ある」が19.8%で、合計すると67%以上が開けにくいと回答しています。
 この報告書は、読売新聞に『いつも開けにくい容器・包装ワースト10』'97年11月8日で取り上げられ、日本テレビのニュースプラス1に『おばさんは怒っているぞ!』と題して'98年2月25日にも紹介されました。

[前のページへ] [次のページへ]