ページ内移動用のリンクです

火災警報器KK-DS24-10 / KK-DH24-10  無線連動型音声警報式(φ98弌縫螢船Ε狹澱10年タイプ

印刷用ページ

  • 発売日:2009年10月20日

標準仕様

商品名
マックス住宅用火災警報器 (火無安全)
親器
増設用子器
品番
KK-DS24-10M
KK-DS24-10S
KK-DS24-10SJ
KK-DH24-10S
商品コード
JQ90040
JQ90038
JQ90041
JQ90039
鑑定型式番号
鑑住第21〜32号
鑑住第21〜33号
鑑住第21〜34号
感知方式
煙式
〈光電式・2種〉
熱式
〈定温式・65℃相当〉
電池寿命
約10年※1
定格・電源
DC3V/300mA・専用リチウム電池1本(付属)
機器交換の目安
電源投入後 約10年
警報音・音量
70dB以上(機器より1m離れた位置・当社測定値約85dB)
無線規格

小電力セキュリティシステムの無線局規格 (RCR STD-30)

使用周波数
CH1:426.7125、CH2:426.7375、CH3:426.8125、CH4:426.8375Mhz
(周波数設定スイッチで設定)
送信出力
10mW
電波到達距離
約100m (親器⇔子器 間)※2
連動台数
最大16台 (親器:1台 + 子器:15台)※3
警報音
/
表示灯
火災時

火災元:「ピー、ヒュー、ヒュー、ヒュー、火事です、火事です」(繰返し)/赤連続点滅
連動先:「ピー、ヒュー、ヒュー、ヒュー、他の場所で火事です」(繰返し)/橙連続点滅

自動試験
異常時
「ピピピ、異常です」後、1分ごとに「ピピピ」(30分周期)/赤3回点滅(1分ごと)
電池切れ
警報時
「ピ、電池切れです」後、1分ごとに「ピ」(30分周期)/赤1回点滅(1分ごと)
電波異常時 「ピピピ、電波異常です」後、1分ごとに「ピピピ」(30分周期)/橙3回点滅(1分ごと)
復旧方法
自己復旧方式
(煙がなくなると自動的に警報が停止)
自己復旧方式
(温度が下がると
自動的に警報が停止)
火災警報音停止
警報停止ボタン押下:約5分警報音停止
機能
自動感度補正機能(煙式のみ)/自動試験機能/テスト(手動試験)機能
電池切れ警報遅延機能/各種警報音停止機能
形状・サイズ
丸型 約Φ98×52mm
丸型 約Φ98×55mm
主材・色
難燃ABS樹脂
ナチュラルホワイト
難燃ABS樹脂
ライトブラウン
難燃PC樹脂
ナチュラルホワイト
質量
約200g
(取付ベース・電池含む)
約190g
(取付ベース・電池含む)
取付場所
天井・壁面 兼用
設置場所
居室(寝室など)・階段・廊下・台所

台所

使用温度範囲
0℃〜40℃ (結露しないこと)
希望小売価格
オープン価格
­
※1
機器交換の目安は、使用温度やホコリなどの外部環境・使用条件によって、短くなる場合があります。電池切れ警報が出たら、機器交換をしてください。
※2
電波到達距離は、障害物のない場所での水平見通し距離が約100mです。使用場所の環境などにより短くなります。
※3
設置は同じ住戸内で行ってください。必ず親器が1台必要です。親器を2台以上設置することはできません。設置する前に、付属の登録・設置説明書に従い、親器と子器との登録作業を行ってください。登録をしないと連動することができません。
­

­

安全に関する注意
­ 安全のため、ご使用の前に「取扱説明書」をよくお読みの上、正しく設置してご使用下さい。
­ この商品は住宅用火災警報器です。火災の発生を自動的にお知らせしますが、消化装置や火災防止器ではありません。
­ この商品は日本消防検定協会の鑑定品ですが、消防法で規定された自動火災報知設備の代用とはなりません。
­ 浴室など湿気が多い場所に取り付けないで下さい。
­ 取付け後は、警報器が正常に作動するか1ヶ月に1度ご確認ください。
­ この商品を廃棄する時は、市町村により決められている回収ルールに従ってください。(電池はリチウム電池を使用しており、水銀は含まれていません。)
同カテゴリ商品