マックス スーパーエア・コンプレッサ AK-1310Eシリーズ NEW STYLE COMPRESSOR

3つの運転モード搭載。

  • ハイパワー
  • AIモード
  • 自信の静音
AK-1310Eシリーズ

製品動画

エアコンプレッサ AK-1310Eシリーズ【マックス公式】

エアコンプレッサ AK-1310Eシリーズお客様の声 【マックス公式】

横向き新レイアウトNEW STYLE 1

縦向きを横向きにすることで… 縦向きを横向きにすることで…
  • 持った向きのまま壁に
    寄せて置ける
  • そのままホースを差せる、圧力を操作できる

高圧域吐出量アップ※当社調べ NEW STYLE 2

作業量が従来機の約2倍に! 作業量が従来機の約2倍に!

作業条件

・ 使用釘打機:HN-90N6(D) 
・ 使用釘:FC75W8(N75) 
・ エア取出圧力:1.8MPa 
・ 打ち方:2本/秒 
・ 母材:LVL 
・ 上材:28mm厚合板 

新モータ(PAT.P)
・磁力アップ形状
・高密度巻き線トルクアップ
新冷却ファン
・冷却性向上
圧縮機
・シリンダ吸入口数アップ

脱着式3連タンク(PAT.P) NEW STYLE 3

簡単ステップで、27ℓ仕様(5連タンク)に変身! 簡単ステップで、27ℓ仕様(5連タンク)に変身!
スーパーエア・コンプレッサAK-HL1310E + スーパーエア・タンク※AK-T16(44K) = 大エア量エアタンク5連送・軽量23kg スーパーエア・コンプレッサAK-HL1310E + スーパーエア・タンク※AK-T16(44K) = 大エア量エアタンク5連送・軽量23kg

大量のエアを使用する…このような時大量のエアを使用する…このような時

  • ・ 仮留めして一気に外壁を施工する時
  • ・ 2人でボード張りする時
  • ・ 建方の時

AK-1310EシリーズとAK-T16との脱着方法 AK-1310EシリーズとAK-T16との脱着方法

エアコンプレッサとエアタンクの圧縮空気が
すべて排出されていることを必ず確認してください。

取り付け

AK-T16(44K)のラッチをコンプレッサ側のフックに引っ掛けて固定します。
AK-T16(44K)のフレキホースを取り付けたエアチャック44Kに差し込みます。

取り外し

AK-T16(44K)の前後のラッチのロックを押し込みながらフックから取り外します。

※AK-T16(44K)をAK-1310Eシリーズ以外のコンプレッサに連結する方法はこちらをご覧ください。
※AK-L1310EPには消音フィルターは付属しておりません。

脱着方法を動画で見る

すべての圧力レンジで従来機より静かに!※当社調べ NEW STYLE 4

※AK-1310Eシリーズ・従来機共にハイパワーモードでの比較です。

操作パネルの刷新 NEW STYLE 5

取出口メータがデジタル表示に! 取出口メータがデジタル表示に!
  • 1タンク内圧デジタル表示(エラー表示・電圧警告表示・オーバーヒート表示)
  • 2運転モードLED
  • 3運転モード切替スイッチ
  • 4各種お知らせLED (点検・異常・防犯アラーム・Bluetooth接続・ブレーカー落ち軽減)
  • 5ブレーカー落ち軽減スイッチ
  • 6電源スイッチ
  • 7取出圧力デジタル表示

好評のAIモードを踏襲自動制御運転(PAT) AI

ハイパワーモード
新モータの採用により、高圧域吐出量アップ!97L(2.5MPa時)を実現!
AIモード
エアを必要としない時にはタンク内圧を下げ、必要な時にはタンク内圧を上げます。
作業に応じて再起動圧(ON圧)と停止圧(OFF圧)を自動で変動させます。
運転時間や消費電力を削減し、コンプに負担をかけず高耐久につながります。
静音モード
55dBの静音性を実現。特に運転音を気にする作業におすすめします。

お手持ちのスマホでコンプを操作! Bluetooth®

※コンプアプリからBluetooth®︎無線技術を使用し、スマホと接続することで
スマホから本機の遠隔操作やお客様専用モード設定などができます。

スマホでコンプを動かす・わかる!
対象機種:
・AK-1310Eシリーズ  
・AK-1270E2シリーズ
・AK-1270E3シリーズ 
・AK-1110E2シリーズ
  • できる!コンプの電源ON・OFF
  • できる!運転モードの切替
  • わかる!タンク内圧
  • わかる!圧力低下と復帰
  • わかる!ドレンの閉め忘れ
無料アプリ「コンプアプリ」とBluetooth®を接続

操作画面

操作画面
Bluetooth®︎のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG. Inc.が所有する登録商標であり、マックス株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。
1
防犯アラーム

【電源抜けたらアラーム】

作業中、本体の電源プラグが抜けた時、抜かれた時、
またブレーカーが落ちた時にアラームでお知らせします。

※作業終了後、プラグを抜く時は必ず設定を解除してください。
詳しくは取扱説明書にてご確認ください。

2
いっぷくタイマ

設定時間経過後、電源を自動でONにさせアラームが鳴り、
作業開始をお知らせします。(15分刻みで設定できます)

3
ブレーカー落ち軽減モード(PAT)特許取得

機械の運転を制御しブレーカー落ちを軽減します。

4
カスタムモード

停止圧・起動圧を任意で設定して頂くことで、
自分仕様のコンプレッサにすることが可能です。

5
カレンダー機能

カレンダーに施工記録を写真と文章で残しておくことが可能です。
また、今後のスケジューリングにもお使い頂けます。

6
SNSタイムライン機能

SNSの投稿データが表示されます。

7
持ち物リスト機能(設定画面内)

設定ボタン→持ち物ボタンをタップして頂くと、
ご自身の所有機登録ができます。

※持ち物リスト機能で所有機を登録しても保証対象にはなりません。
保証登録は、別途購入時に添付されている保証書をご提出ください。

スマホでコンプを操作する!お客様の声公開中!

マックス社員直伝!スマホでコンプを操作する方法

AK-1310Eシリーズラインアップ AK-1310Eシリーズラインアップ

AK-HL1310E
AK-HL1310E

標準希望小売価格:
¥220,000(税込み¥242,000)
高圧・常圧エア取出口各2か所

AK-HL1310E(ブラック)
AK-HL1310E(ブラック)

標準希望小売価格:
¥220,000(税込み¥242,000)
高圧・常圧エア取出口各2か所

AK-HH1310E
AK-HH1310E

標準希望小売価格:
¥222,000(税込み¥244,200)
高圧エア取出口計4か所

AK-HH1310E(ブラック)
AK-HH1310E(ブラック)

標準希望小売価格:
¥222,000(税込み¥244,200)
高圧エア取出口計4か所

製品詳細ページを見る

AK-1310Eシリーズをお持ちの方は無料アプリ「コンプアプリ」をダウンロード! AK-1310Eシリーズをお持ちの方は無料アプリ「コンプアプリ」をダウンロード!

コンプアプリからBluetooth®無線技術を使用し、スマートフォンと接続することで
スマートフォンから本機の遠隔操作やお客様専用モードセットなどができます。

無料アプリ「コンプアプリ」
  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

対応機種:・ AK-HL1310E ・ AK-HH1310E
・ AK-HL1270E2 ・ AK-HH1270E2・K-HL1270E2(27ℓ) ・ AK-HH1270E2(27ℓ)
・ AK-HL1270E3 ・ AK-HH1270E3 ・ AK-HL1270E3(27ℓ)・AK-HH1270E3(27ℓ)
・ AK-L1310EP ・ AK-L1270E2P ・ AK-HL1110E2 ・ AK-HH1110E2

Bluetooth®無線技術と接続できるスマートフォンについて

下記のBluetooth®無線技術バージョンとスマートフォンでOSバージョンの両方に対応しているスマートフォンで接続できます。

専用アプリ名

コンプアプリ

スマートフォン

Android バージョン 9~12(推奨)

iOS バージョン 14~15(推奨)

Bluetooth®無線技術 バージョン 4.1〜5.2(Bluetooth Low Energy、Bluetooth Smart、Bluetooth Smart Ready)

※お手持ちのスマートフォンが必要な環境を満たしていても、このアプリケーションの全ての動作を保証するものではありません。
※Apple および Apple ロゴは、米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
※iOSは、Apple Inc.のOS名称です。
※Android、Google Play および Goole Play ロゴは、Google LLCの商標です。

Bluetooth®

Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG. Inc. が所有する登録商標であり、マックス株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。