AEROSTAR - エアロスター

マックス釘打機スーパーネイラシリーズ

製品ラインアップ

釘打機ネイラとは?

マックスの釘打機が
選ばれる
3つの理由

01圧力切替機構で
深さ調節が瞬時に
できる!

圧力切替レバーを4段階で切り替えると、釘打機内部のエア圧力が切り替わり、パワーを変えられます。
簡単打ち込み深さ調節・連続打ち込み本数向上。

  1. ①ダイヤルをぐるぐる回すことなく、ワンタッチで切り替えられます。
  2. ②圧力切替機構で低い圧に設定することで、打てる釘の本数がUPします。
エネルギー値比較の表

02部材に引っ掛かり、滑りにくい先端形新爪形状
コンタクトノーズ

斜め打ち・平打ち時、どの角度でも
細かい爪が効果的に部材に引っ掛かり、
滑りにくい形状になっています。 ※HN-75N4(D)を除く

段差を設けて、引っ掛かり易い。新爪形状コンタクトノーズ
斜め打ち用爪

コンタクトノーズ先端全周に細かい爪を設け、どの角度で部材に当てても引っ掛かりやすいです。

ユーザーコメント

  • どの向きでも引っ掛かって良い。
  • 滑らない、すごい、全然違う。
  • 新製品は機械先端を突き刺さなくても良いので楽。
平打ち用爪

平打ちで部材に当たる面に環状の爪を設け、面材打ちで先端の滑りを抑えます。

ユーザーコメント

  • 壁の面材はツルツルしているので先端が滑って怖い。新製品は滑らなくて良い。
  • 床合板打ちで先端が滑り過ぎないので打ち易い。
  • 先端が引っ掛かってくれると、滑ろうとする機械を抑え込まなくて良いから疲れない。

03滑りにくく切れにくい
新グリップカバー

形状と厚みを一新!凹凸を設けて握りやすくしました。
また耐久力も向上しました。

新グリップカバー

お客様の声・
製品紹介動画

高圧釘打機 スーパーネイラ新製品 お客様の声
コンプくんの新製品スーパーネイラご紹介!

開発ストーリー

マックスのスーパネイラはお客様や現場の作業実態を詳しく調べて開発しました。
「圧力切替機構」と「新爪形状コンタクトノーズ」の開発者のこだわりとは・・・

圧力切替機構

  1. 【現場の実態】
    釘の打ち込み深さ調整は釘打機のアジャスタダイヤルで行いますが、調整範囲を超えて調整を行いたい場合は、コンプレッサでの圧力調整が必要です。
    また、コンプレッサの取出し圧力が最大でアジャスタダイヤルを浅く調整して打ち込むとエアの無駄遣いとなります。
    この場合、釘を大量に打込む必要がある現場ではエア不足が発生している現状があります。
  2. 【ニーズ】
    大工さんは想像以上に施工箇所・施工部材に合わせて、気を使いながら釘を打たれています。
    場所によっては1mm単位で釘の深さ調整を行いながら、施工されている実態が見えてきました。
    また、近年の部材の硬質化に伴い、釘打機のパワーはそのままで、且つエアを使わずなるべく釘をたくさん打ちたいという、相反する要望が出ていました。
  3. 【商品開発に際して】
    機械本体に取り入れるエア圧力を切り替えることができる圧力切替機構を採用することで、これらの不満が解消されることに気が付きました。
    部品を可能な限りグリップ内部に収納させることで、機械本体の大きさが変わらないようにすると同時に、コンパクトさとレスポンスを両立させるために、減圧弁のバネ荷重と配置を工夫することで実現させることができました。
  4. 【その結果】
    手元で簡単に4段階に圧力調節できるレバーを搭載し、アジャスタダイヤルと併せて使用することで、より部材に合わせた釘の深さ調整ができるようになりました。
    また、パワーに余裕がある場合は圧力を下げた状態で作業をすることで、釘打ち1発当たりの空気使用量が減少し、作業本数もHN-65N4(D)では従来機367本→最大817本もの釘を連続で打ち込めるようになりました。

新爪形状コンタクトノーズ

  1. 【現場の実態】
    現場での釘打ち作業には、多くのシチュエーションがあります。例えば釘の打ち込み位置が決めらていて狙い打ちする時、常に体の真正面に釘を打つわけではなく、部材の端っこに釘打ちすることもあります。
    その時、腕を精一杯伸ばした体勢の悪い状態で釘を打つこともあります。また、狙い打ちは行わず、とにかく連続して釘を打つような作業があったりもします。
  2. 【ニーズ】
    現場訪問を重ねると大工さんからは、「釘を斜めに打つときにどの角度でも滑ることなく確実に狙った場所に打ちたい。」とか「面材に連続打ちするときに釘打機の先端が滑りすぎると狙いを外しちゃうからいやだな」などの声があがりました。
  3. 【商品開発に際して】
    過去の製品開発でもコンタクトノーズ爪形状は試行錯誤を繰り返して来ました。爪の大小や鋭利さ、強度、部材に対する角度など、蓄積してきたノウハウと、最新のお客様の声を盛り込み開発を行いました。
    開発部、生産部で協力して部品の加工方法の見直しを行い、最適な爪の長さを決める為に0.5mmずつ長さを変えたサンプルを作って現場で確認も行いました。
  4. 【その結果】
    従来機のコンタクトノーズの先端形状から、更に爪を細かくし、爪の個数を増やすことで、新型機では、どの角度から釘打ち作業をしても先端が滑りにくくなりました。
    また、ノーズの先端にも環状の爪をつけることで、平打ちする時にも滑り過ぎず、引っ掛かり過ぎず、絶妙な感覚で釘打機先端が部材にフィットしてくれるようになりました。 ※HN-75N4(D)は除く

マックス 釘打機に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせは
24時間受け付けております。

お問い合わせ

0120-228-358

又は、有料ダイヤル
03-3669-8120
<月〜金曜日
(祝祭日・当社指定休日を除く)>
通話内容は、サービス向上のため録音させていただいております。