ページ内移動用のリンクです

鉄筋結束機RB-519-B2C  【メーカー販売終了品】

印刷用ページ

  • 標準希望小売価格:¥218,000 (税込み¥239,800)
  • JANコード:4902870784348
  • RB-519-B2C

電池パック種類
電池パックセット内容
付属品
保証

従来機との違い

リチウムイオン電池搭載!

■大容量
従来機(RB-515)のニカド電池からリチウムイオン充電池に変えたことで、1充電あたりの結束回数が従来機の約2倍になりました。
■軽量:標準装備の1.5Ahリチウムイオン電池パック
従来機(RB-515)の充電池(JP-309)は0.5kgでしたが、今回のリチウムイオン充電池 (JP-L91415)は0.3kgと、従来より200g軽くなりました。
今回、本体と共に充電池も軽量化するため、容量1.5Ahの充電池JP-L91415を標準装備としています。
Ah数が半減しても、従来機の約2倍の結束が行えますので、軽量化された機械で快適に結束作業が行えます!
★RB-519-B2CはJP-L914(3.0Ah)の充電池もご使用頂けます!

結束回数グラフ

結束スピードUP!

■ハッカーと比較して
鉄筋結束機で結束作業を行うと、片手で結束できます!
空いた片手で鉄筋を支えたり、位置合わせが出来るなど、ラクな姿勢で作業スピードアップ!!
  ↓
施工スピードもアップ!
短い工期でこなさなければならない物件もこれで解決。
■従来機(RB-515)と比較して
RB-519の結束スピードは0.9秒以下/回です。
従来機(RB-395)の結束スピードは、1秒以内/回(3周巻時)でした。
PC工場など、細径鉄筋結束は結束用量が非常に多いため、1結束ごとのスピード差が蓄積されると、結束スピードの違いが一目瞭然です!

ブラシレスモータ搭載!

■従来機(RB-515)と比較して
捻りモータに高効率のブラシレスモータを採用することで、省電力と高耐久性を実現しています。

使用結束線

■RB-519はTW899(JP)シリーズ専用です
以前のタイワイヤ TW897(JP)は、RB-519では使用出来ません。
左写真のTW899(JP)シリーズをご使用ください。
【1リールあたりの結束数】
送り量調節により約180〜210回の結束作業が行えます。
■タイワイヤでムダなく連続作業
番線より強度があり切れにくく、余分な結束補強作業がなくなります。
※TW899(JP)シリーズは、従来機RB-515にもご使用頂けます。

タイワイヤ TW899

オートパワーオフ機構付メインスイッチ

■充電をより長く持たせるために
メインスイッチONの状態であっても、しばらく放置すると自動で電源が切れる、オートパワーOFF機能を搭載しました。
→大作業量のリチウム電池の性能をフルに発揮することが出来ます!
※オートパワーOFFの効いた状態からの復帰は、メインスイッチOFF→ONにてリセットされます。

その他の特徴

1.ワイヤ送り量調整機構 搭載のトルクダイヤル

ワイヤ巻数を3周巻きと4周巻きから選択できます
ワイヤ巻数の設定と結束力の微調整を行う「カール・トルクダイヤル」を搭載。

■ワイヤ巻数調整機能 (ワイヤ巻数を3周巻きと4周巻きから選択できます)
結束力微調整:10段階  3周巻時:4段階 4周巻時:6段階

2.(ハッカーと比べて)鉄筋の取付量が格段にアップ!!

■施工コストを大幅に下げられます!
(1)結束スピードUP→施工スピードUP!
(2)片手が空いて、身体への負担も軽減→作業効率UP!
(1)(2)のUPでコストダウンに繋げます!

対象鉄筋組み合せ

対象鉄筋径目安:D16×D16〜D25×D16×D16

対象鉄筋組み合せ

商品名 RB-519-B2C
商品品番 RB90204
JANコード 4902870 784348
質量 2.1kg(JP-L91415装着時)
寸法(L×W×H) 305×105×290mm
1回結束時間 3周巻時:1.1秒以下 4周巻時:1.2秒以下
対象鉄筋 D16×D16〜D25×D16×D16
使用結束線 タイワイヤ TW899(JP) φ0.8mmなまし鉄線
タイワイヤ TW899-PC(JP) φ0.9mm被覆線
1リールあたりの
結束可能回数
標準1.5Ahセット時:約800回 3.0Ahセット時:約1,600回
結束方式 ワイヤ三重・四重ねじり結束方式
適合電池パック マックス リチウムイオン電池パックJP-L914、JP-L91415
適合充電器 マックス リチウムイオン急速充電器JC-925

太径鉄筋を使用するビル・マンションの梁(はり)
柱・耐圧スラブ結束作業

同カテゴリ商品
同カテゴリ商品

ページ上部へ


ページ上部へ

ソーシャルメディア公式アカウント一覧